昨日は宮城県の七ヶ浜へ友人の作詞家と前日の深夜バスで行って来ました。
バスの集合場所には若者が8割位。ほぼ大学生でした。
きっと春休みを利用して、活動をしにきてれたんでしょうね。

今回のツアー。参加費は1万円。僕ら30代の人間にとっての1万円と、大学生の1万円
きっと価値は違うと思う。そう、大金だと思います。



この日集まったボランティア参加者、個人、団体含めて約180名。
一番若い子は18歳でした。ここでね、、、泣かされる訳なんですよ。
たまたま朝の全体ミーティングの時間に
スピーカーから、高校野球の石巻工業の阿部くんの選手宣誓が流れました。
みんな神妙な面持ちで聞いています。一同勿論泣きそうになりました。

セカチュウもルーキーズも簡単に一蹴してしまうドラマ。
この日たまたま来て、たまたま流れたラジオから、こんな選手宣誓が…。
真実のドラマにはね何物も勝てない。良い経験させて頂きました。



写真撮影のマナーなどの指定があったので、出来る範囲での撮影。
僕は1年後に見ているので、見るも無残なという所までは行かなかったです。
ただ、先日もブログで触れた瓦礫の山。上の画像です、判りますか?
実物は多分高さは体育館程度にはなっていると思います。

僕らの作業は農家の方の畑の土の掘り起こしと、その中にある不純物の除去です。
ガラス プラスチック 可燃物 石  金属  などを手作業で分けていきます。
畑といっても、30畳ほどでしたでしょうか?大の大人が30人で束になって作業しても
2時間位掛かって、やっと綺麗になる程度でした。 

これを被災地の農地全域でやってたら… 何年掛かるんだ…

TVで長い戦いになるんですとは知ってはいたんですが。
実際に作業をしてみると、

本当に本当に継続した戦いが10年単位で続くと確信しました。

大きい瓦礫はそれは確かに目には見えなくなり、綺麗な更地には見えると思います。
でも、その土の中にはとんでもない不純物が混ざっているんです。

僕は人にはそれぞれの人助けの形があるとは理解しています。
募金をする人、都内や各地で仕分けなどに参加する人、今回みたく現地行ってみる人
現地に1年も車で寝泊りしながら活動をする人…。

すべての人が思いを持ってやっていると思います。
ただ、一つ言えるのは。 どんな多忙の人も一度行ってみる価値はあると思います。
自分が送ったカイロやタオルがこんな形でボランティアセンターで使われてるとか
大小関わらず、色んな企業が支援している事。

すべての事を生で見ることで、どれだけ一方的な側面から震災を見ていたかと
思い知らされました。 

今はネットで検索すると、すぐに現地でのボランティア活動をするツアーが出てきます。
僕は日本中の人が一度は行って貰いたいなって思いました。

予断ですが、昨日大分から来ていた主婦の方は
一度東京に飛行機で来て、バスで今回参加して、またそのまま福島にも行くらしいです。
彼女を突き動かしているものは使命感でしょうか、善意だけじゃないと思いました。








コメント
コメントする
トラックバック
ハッピーメールプラス/返金・解決お任せ下さい!出会い系詐欺 サクラ被害 詐欺返金 被害返金 詐欺被害 無料相談 あすなろ総合調査
  • トラブル解決無料相談センター
  • 2012/03/22 1:46 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/03/22 8:02 PM
この記事のトラックバックURL