台湾から帰り報告書の作成などなど。

今回の5日間も濃い旅となりました。新しい出会いもいくつか有り、縁に感謝ですね。

実際アジアでビジネスをし始めて気づく、興味ある事って手挙げたもん勝ち。

相手が海の向こうの人間であるなら、尚更ボクは挙手するべきと思う。

 

 

 

逆の立場で考えると、

オーストラリアの人間からメールきて、会いたいから日本にいきます!

時間くださいってなったら悪い気しない。

マジか…気合入ってんなと食事くらい奢るかもしれない。笑

 

 

ボクは世の中に危ない橋なんて無いと思います。

そりゃアンタ運が良いだけ…と思われるかもですが、違うと思う。

英語がヘロヘロだって何とかなるし、お金がなくたって覚悟があるなら

応援する人は現れるし、道に迷ったら教えてくれる人は絶対います。

 

Today I made a Taiwan report.

This trip is exciting for me, I thank for everything! 

Recently I'm sure that if we want something, we should put our hand up. 

It's more easy for us to meet the person who live in over sea.

 

Thinking in the opposite position,

If Australian youth send me mail about asking me if I can meet or not.

I will be surprised about his bravery, so I will treat on him with dinner!

 

I'm sure that there is nothing to be afraid.

If someone guess for me that you are simply lucky man,actually  it is not truth.

If although we speak broken English, no problem

If although we have no money, someone will give money for prepairdness

If we can't find right way, someone will teach us right way.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL