今日はとある海外の友人にお呼ばれをしてランチをしてきた。

本当は家族で呼ばれていたんだけど、チビが風邪でダウンしてて…。

 

近所にこんな素敵な場所があるなんて知らなかったなぁ。

 

英会話はまだまだヘロヘロだけど、マンツーで対話となると

あーえーとー、最初はなるけど後半は全く問題なく過ごせる。

きっと文法とかはメチャメチャかもだけど、真意は伝わっている。

 

今とある本を読んでいるんだけど、アジア圏で一番使われている言語って

みなさんは何だと思いますか? 中国語? 英語?  ?  ?

 

答えはブロークンイングリッシュらしいです。

 

みんな第二の共通外国語として必死に覚えて、尚且つ自国のアレンジもして。

勿論、流暢な英語は大事だし素敵! だけど本当に大事なのは、それを用いてどうするか?

誰と心を通わせるかという機会の多さが全てだと思っています。

 

英語って大事じゃない?って日々黙々と勉強している人って英会話はキツイと思う。

完全に別物だもん! キャッチボールと試合くらい違うと思わされてます。

 

Today I went to my friend home for lunch.
Though he invited my family, now my son caught the cold.

I didn't know what a beautiful space around my house.

 

Though my english skill is not completed we could talk each other in the end.

Man-to-man conversation is better to get talking skill.

 

By the way do you know the most popular language in asia?

The correct answer is broken english!

 

Every people learn and try to talk with abroad with arrangement.
I'm sure that fluent conversation skill is good!

but most important is the number of chance and aim to talk with foreigner.

 

I think that it's hard for him who study english everyday by himself to get skill to talk with foreigner.
The catch ball is not same to the match.

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL