最近エージェント回りの仕事で、あ〜やっぱり契約書って大事だよねぇと痛感。

それが海の向こうの人となると、そりゃもっと大事ですよね。

 

お前も音楽家なんだから、契約書散々交わしてきただろ?!

なんて突っ込まれそうなんですが。笑

 

音楽業界と言うか、芸能界は緩い! 緩いよ〜。

NDAなんて言葉存在しなさそうだし、ギャラの提示もなしにホイホイ仕事振るし

今考えると、どんだけ緩い業界なんだ…とビックリする。

 

そこが良い方向で作用する事もあれば、やっぱりトラブルにもなったりしてね。

大切な事は、自分の池を飛び出して、色んな人達と交わる事だと思います。

自分の池のルールは、世界では普通じゃないかもしれないし。

 

Recently I think that it's important to make the contract!
Now I am working as agent for several maker abroad too.


Certainly I wrote contract about songs and lyrics with some maker.

But I think music industrial or entertainment indutrial is loose for law.
Actually I didn't know about exist of NDA until recent!


Some director ask creator to make song without showing guarantee.
It's so bad…but it's specfic customs too.....

Now I am suprised it.

 

I know that there are some good case without contract, but there are some troubles too.

I think that it's better to make friend who work other kind.
So you can find many rules in the world.

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL