ヘンテコな時間に最近目が覚めてしまう。

あんまり頭が休まってないから、日中眠いんだろな。

 

今日経営者の先輩の方と直感について色々と話してた。

経営者の方って大体直感タイプとデータ分析タイプに分かれる。

どっちが正しいとかではなく、どっちが自分に向いているかの問題です。

 

ビジネスの世界に来てみるとわかるのが、まあデータ解析の多いことです。

そして異常に横文字が多い…。それ返ってややこしくしてませんか??って思う事も。

勿論日頃知らないだけで、そのデータ解析が世界を進歩させてもいます。

 

実は今月末、台北で初のイベント開催が予定されていたんです。

でも、中旬に僕は会場下見でキャンセルをして別会場に順延しました。

 

理由は「なんか臭いが好きじゃないカフェ」だったんです。

 

単純に直感で、自分なら買い物をしたい雰囲気にならない空気と感じたんです。

結果論ですが、現在台風が今来ていたりでイベントをもし開催していたら、散々だったと思います。

 

僕は小さい頃からずっーと感覚で生きてきました。

学校の進路もそうだし、部活も、バイト先も。

作曲家時代もそうかも…唸って作った曲とかほぼなく、大体1コーラス5分程度かも。

作詞もマイクの前に立って、適当に歌って内容を整理しておしまい。

クライアントワークも、大体第一稿が1番良かったですね〜と戻される。

 

詰まる話、42年間塾考して良くなった試しが然程見当たらない。

 

その経営者の先輩にもそっちを信じた方が良いよとアドバイスされました。

ボクは人間には向き不向きって絶対に存在してて、己を信じるって本当大切だなって再確認してます。

そしてボクは思うです、ある程度の年齢になったら

 

自分の人生を振り返るって

どんな優れた本にもサービスにもない「最高のマーケティグ」じゃないのか?って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL